Agricola.jpg15-May-2011 ボードゲーム レビュー


アグリコラ:ソロプレイ

作者:Uwe Rosenberg
1〜5人用
対象年齢:12歳以上

凄くお金持ちに見えるのに申告は赤字
          …農家って面白い。

一時期、BGGのランキングでもTOPになった事で知られる「アグリコラ」。
有名な豆交渉ゲーム「ボーナンザ」の生みの親でもあるローゼンベルク氏の収穫3部作の中の1つです。
(他の2つは「ル・アーブル」と「洛陽の門から」)

既に有名なゲームなので説明は不要かもしれませんが、簡単に。
このゲームでは、それぞれのプレイヤーが自分の農場ボードを持ちます。
農場ボードには労働力として使用する家族駒、家族の住む家、柵で囲まれた牧場、畑が発展していきます。

ゲームのシステムは「ワーカープレイスメント」と呼ばれる近年人気の方式。
様々なアクションの権利を得るスペースに早い者勝ちで労働力を配置していきます。
アクションには、「自分のボードに畑を作る」「資源や家畜を手に入れる」等、様々なものがあります。

ゲームは14ラウンドに渡って行われ、各ラウンドでは労働者駒の数だけアクションを選択することができます。

また、4、7、9、11、13、14ラウンドには収穫というイベントが発生します。
種を撒いた畑から作物が採れるうれしいイベントですが、家族駒に応じた食料を用意しなければなりません。
食料計画を怠ると、その後ずっと食料だけを追い求めることにもなりかねません。

こうして14ラウンドをプレイし、自分の農場を得点計算して最も高得点のプレイヤーが勝利します。

このゲームは1〜5人用ということで、1人用のソロプレイを行うことができます。
今回は、ソロプレイに特化して紹介してみたいと思います。


さて、まずはソロプレイをセッティングしてみました。
手前にある赤い駒がのっているボードが自分の農場、それ以外は共用のボードとなります。
共用のメインボードにはアクションの書かれたスペースがあります。

Aglicola-solo-1.jpg

ここに、自分の家族駒を配置してアクションを行うわけです。
既に家族駒が置かれているアクションスペースは次のラウンドまで閉鎖です。
ボードに印刷されたアクションは、資源を獲得したり、畑を耕したりする基本的なアクションが多め。
また、各ラウンドの最初にラウンドカードが1枚ずつめくられ、新たなアクションが増えていきます。

話を農場ボードに移しましょう。
自分の農場ボードには3×5のスペースがあります。
ゲーム開始当初は木の家2つと家族駒が2つ置かれています。
従って、開始当初のラウンドで行えるアクションは2つということです。
家は木の家からレンガの家、石の家へとグレードアップすることができ、得点も高くなります。
空きマスには様々な発展を促すことができるわけですが、ゲーム終了時に空きマスのままだと大きく減点となります。

Aglicola-solo-2.jpg

さて、ゲームにはこの他に「大きな進歩」「小さな進歩」「職業」という要素が存在します。
「大きな進歩」と「小さな進歩」は設備カードのようなもので、食料を作り易くしたり建物を建て易くしたりします。
進歩カードは対応するアクションを選択し、資源を支払うことによって公開できます。

「大きな進歩」は毎ゲーム共通の10枚が用いられ、かまど等不可欠な設備があります。
「小さな進歩」は140枚の中から各プレイヤーに7枚ずつがランダムに配られます。
一度として同じゲームは無いのですね。
また、必然的にプレイヤーごとに戦略も違ってきます。

Aglicola-solo-3.jpg

「職業」も169枚の中から各プレイヤーに7枚ずつがランダムに配られます。
食事を給仕してくれるメイドさんや、麦をビールにしてくれる職人など様々な職業が用意されています。

「小さな進歩」と「職業」は初心者、中級、上級と3種類のデッキが用意されています。
高度になるほど「愛人」や「毒味役」などオモシロな能力がゲームを盛り上げます。

なにはともあれ、ソロプレイをしてみましょう。
このゲームは説明書がわかりにくい事でも有名なゲーム。
ルールを理解するにはやってみるのが一番です。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自宅にて、ソロプレイ。
微妙にズボンプレッサー等写真に写り込んでいるのはご愛嬌。

追記:ゲーム中、木材とレンガのトークンを取り違えています、ご注意!!
濃い赤茶色のトークンが木材です。

デッキは「小さな進歩」「職業」ともに初心者用を使用しました。

Aglicola-solo-1.jpg
ゲームをセッティングして、さぁスタート。

(ラウンド1)

Aglicola-solo-2.jpg Aglicola-solo-3.jpg
左が今回の「小さい進歩」、右が「職業」(大きな写真は上の方にあります)
しばしこれらを眺めて今回の戦略を立ててみる。

食料が足りなくなると「物乞いカード」という有り難くないカードを取らなくてはならず、減点になってしまう。
なので、食料の自給を中心に戦略を立てる。

メイドさんは各ラウンドに食料を1ずつ供給してくれるが、レンガ作りの家にならねば雇用できない。
メイドさんにも職場を選ぶ権利があるってことです。
木の家なんてみすぼらしいところでは働きたくない…と。

木材の獲得を「+1」してくれる「木こり」と麦をビール(食料)にしてくれる「醸造人」が居るので、彼らを中心にプレイすることに決定。

Aglicola-solo-4.jpg
毎ラウンド、共用ボードの資源スペースには規定量の資源が湧きます。
この資源はどんどんと貯まっていくので、頃合いをみて家族駒を配置し、獲得します。
(ソロプレイでは、木材が2つしか湧きません。複数人プレイでは3つ湧きます。)

そして早速湧く資源達、羊がかわいい。

Aglicola-solo-5.jpg
資源は貯まってから採ったほうがお得。
従って、最初の手番では畑を耕し、その畑に撒く小麦(黄色いトークン)を獲得。
ビールを作るには麦を仕込まなくっちゃね。
これで家族駒2つを使い切ってラウンド1は終了です。

(ラウンド2)

Aglicola-solo-6.jpg
さぁラウンド2に増えたアクションは「柵」。
1本につき木材を1つ使用して、牧場を建設できます。
家畜を飼うのに必要な施設ですが、そもそも木材を持っていないのでとりあえずスルー。
資源が湧いて貯まってきています。

Aglicola-solo-7.jpg
さて、このラウンドではビール計画を実施すべく、「醸造人」を公開します。
職業カードは1枚目は無料で公開することができます。
2枚目からは公開するのに食料が1必要です。

もう一人の家族駒は誘惑に負けてレンガを獲得しに行きました。

(ラウンド3)

Aglicola-solo-8.jpg
このラウンドでやっと「種をまく」のアクションがでました。
「種をまく」のアクションは「パンを焼く」というアクションを同時に行えるお得なスペースです。
しかし、COQ村にはパンを焼く「かまど」が無いのでパンのアクションは無駄になってしまいます。

Aglicola-solo-9.jpg
まずはラウンド1で耕した畑に小麦を撒きます。
畑には小麦と野菜を栽培できますが、撒いた瞬間にストックからトークンを2つとり重ねて置きます。
収穫が来る度に一番上のトークンが手に入ります。

Aglicola-solo-10.jpg
さて、もう1つのアクションには木材の獲得を選択。
木材は増築や柵の建設に不可欠である基本的な資材です。
まだ木こりを出せていないので、獲得できたのは貯まった分だけ。

(ラウンド4)

Aglicola-solo-11.jpg
このラウンドで出来る様になったのは「大きい進歩」か「小さい進歩」を公開すること。
「ち」じゃありませんよ?「し」です。
あぶないあぶない。

この時点で食料がまったく調達できていないのでそちらを優先するために活用しよう。

Aglicola-solo-12.jpg
ということで、レンガを2つ支払って「大きい進歩」のかまどを導入。
これがあれば、いつでも家畜や農作物を食料にできる。

もう一つのアクションは、「漁」に出る事にし、貯まっていた食料4つを得る。
なんとか食料の調達は間に合った。

(収穫その1)

Aglicola-solo-13.jpg
やってきました、最初の収穫。
まずは畑から麦を1つ刈り取ります。

その後、家族駒1つにつき食料3つ(多人数では2つ)を支払います。
ここで醸造人の出番。
麦1つを食料3つに変換します。
パンを焼くのアクションでは麦1つが食料2つにしかならないので大分効率的。
しかも、いつでも行えるし。

Aglicola-solo-14.jpg
というわけで、食料は合計7つに。
それぞれの家族駒に3つずつ支払って、無事に最初の収穫終了!

(ラウンド5)

Aglicola-solo-15.jpg
収穫明けのラウンド5、新たなアクションは石材の獲得。
石材は石の家の建設や進歩の公開に使います。
木の家でウホウホ言ってるCOQ村ではとりあえず不必要な資源。

Aglicola-solo-16.jpg
まずは貯まりに貯まった「葦」を獲得。
葦は家の建築には必ず必要、そろそろ家を増やして家族を増やす事を考えなくてはね。

Aglicola-solo-17.jpg
そして、木材6つを使用して柵を建設し、牧場をつくる。
折角「かまど」を手に入れたので家畜を飼って肉にしたい。
実は、家にも1頭だけ好きな家畜を飼うことができるのだが、家畜は2頭いると収穫の時に繁殖するのだ。
柵で囲ってやることによって敷地は牧場となり、1マスにつき2頭の家畜を飼う事ができるようになる。
一度建設した柵は動かせないので注意が必要。

(ラウンド6)

Aglicola-solo-18.jpg
そしてラウンド6、増えたのは「改築」のアクション。
改築することにより、木の家はレンガや石造りの家へとグレードアップする。
このアクションスペースでは、ついでに「大きい進歩」もしくは「小さい進歩」を公開できる。

Aglicola-solo-19.jpg
どうせ改築するなら家を増やしてからが良い。
そろそろ家族も増やしたいしね。
ルール上、(特別な場合を除いては)家が無いと家族が増やせない。
家族で川の字になって寝るためにも家を増築したい。
その為には木材を調達しなくては。
ということで、食料を1支払って2枚目の職業「木こり」を公開。
木材を手に入れるアクションで追加で木材を1つ獲得できます。

Aglicola-solo-20.jpg
…で、木材獲得。
早速木こり効果で1つ多めに木材をゲット。

木材と葦が揃い、いよいよ家の増築準備が整う。
待て、次号!

(ラウンド7)

Aglicola-solo-21.jpg
そしてラウンド7、ついに出ました「家族を増やす」アクション。
家族は最終得点計算でも1番得点が高いし、何よりも1手番で行えるアクションが増えるのが大きい。
しかも、「小さい進歩」を公開できるおまけつき。

Aglicola-solo-22.jpg
すぐにでもラブホテルに突入したいところだが、いかんせん家が無い。
ということで、まずは木材と葦を消費して家を増築。
さらに、増築のおまけアクションとして厩を建築。
厩を建築することによって配置した牧場区画の収容可能家畜数が2→4匹にグレードアップ。

Aglicola-solo-23.jpg
少しずつ充実するCOQ村。
箱庭系のゲームはこういうところが楽しい。
ちなみに、厩は牧場の外にも建設できる。
その場合、家畜を1頭のみ飼う事ができる。
後々柵で囲ってやれば、本来の能力を発揮してくれる。
増築のアクションでは、一気に厩を何個でも造れるので資材が余っていれば一気に造る方が効率が良い。

ここまでで、1アクション。
残りの1アクションは食料確保にあてなくては。

Aglicola-solo-24.jpg
というわけで、羊を獲得。
にぎわいを見せるCOQ村の牧場。
羊はかまどでいつでも食料2つに加工することができる。

(収穫その2)

Aglicola-solo-25.jpg
2回目の収穫がやってきた。
まずは畑から麦を収穫。
次に羊を3頭処分してかまどで食料6つに変換。
6つの食料をそのまま家族の食料として消費。
まさにその日暮らしの浮き草生活。

Aglicola-solo-26.jpg
その後、羊が繁殖して6頭に増える。
うれしい。

追記:この紹介では1部ルールを間違えています。
(誤り)2頭につき1頭増える
(正しい)2頭以上居る場合、1頭増える
この紹介記事では、数回のラウンドで羊が増えすぎています。

(ラウンド8)

Aglicola-solo-27.jpg
ゲームも中盤、ラウンド8。
ここから先は収穫が2ラウンドごとに来るので食料の確保がさらに厳しくなる。
そんな中、現れたのは猪の獲得アクション。
家畜は全種類いないとゲーム終了時にマイナスとなってしまうので牧場を拡げなくてはね。

Aglicola-solo-28.jpg
さて、折角家も空いていることだし、家族を増やしたい。
…が家族を増やすアクションでは「小さな進歩」も公開できる。
猪を手に入れるために「小牧場」という資材無しで牧場を建設できる進歩を公開したい。
だが、「小牧場」の公開には食料が2つ必要。

Aglicola-solo-36.jpg
というわけで、羊君に1匹犠牲になってもらって食料を2つ獲得。

Aglicola-solo-30.jpg
晴れて、家族を増やす。
次のラウンドからは3アクション行える。

Aglicola-solo-31.jpg
そして「小牧場」を公開。

Aglicola-solo-32.jpg
羊舎の隣に小さな牧場スペースが出来上がる。
さらに、2つめのアクションとして畑を耕す。
虎の子の麦を植えて麦生産量を増やす作戦。

(ラウンド9)

Aglicola-solo-33.jpg
ラウンド9開始。
なんと、もう次は収穫。
頑張って食料を調達しなくては。

このラウンドでついに「野菜」が手に入るようになる。
ついにビタミンAを補給できる時代が訪れる。
どんどん畑を増やしたい!

Aglicola-solo-35.jpg
まずは予定通り、耕しておいた畑に麦を植える。
これで収穫の時は麦が2つ採れる。
ライ麦畑で捕まえたり捕まえなかったりできる。

Aglicola-solo-38.jpg
残り2アクションを消費して、おじいさんは漁に、おばあさんはレンガ採りに出かける。
今回から家族が3人になっているので食料は9つも必要、まだ足りない。

(収穫その3)

Aglicola-solo-39.jpg
収穫も今回で3回目。
ここから、麦を刈り取り、羊を1頭食料に加工する。
そして、麦1つを醸造人に食料3つに加工してもらう。

Aglicola-solo-43.jpg
すると、食料が合計10個になった。
このうち9つを家族駒に喰わせ、今回もなんとか乗り切ることに成功。
家畜とかまどが回りだすと大分楽になりますね。

Aglicola-solo-45.jpg
最後に羊を繁殖させ、3回目の収穫も無事終了。
この辺りから、写真を撮りながらやってるのに最後しょぼく終わったらどうしようという心配がよぎる。
ソロプレイの合格点は50点。
こんなスカスカだったら絶対届かない点数です。

(ラウンド10)

Aglicola-solo-46.jpg
このラウンドでは牛が登場。
牛トークンはなんだか高級感が漂っている。
初期のかまどでも牛だけは食料3つになる高級食材なのだ。

Aglicola-solo-47.jpg
最初のアクションには豊富なレンガを利用して「改築」を選択。
ついに木の家からレンガの家へ。
これで我が家もメイドを雇う事が可能となる。
ビバ中流階級。

Aglicola-solo-48.jpg
で、食料を支払って早速メイドを雇用。
以降のラウンドに食料トークンが置かれる。
ラウンド開始時にこれらが得られることになる。
早いラウンドで雇う事ができればその分お得なんだけど、まぁしょうがない。

Aglicola-solo-49.jpg
3つ目のアクションでは麦を植える。
農作物の数も得点計算に影響を与えるので絶やさないようにしなくては。

(ラウンド11)

Aglicola-solo-87.jpg
Fukakuにもラウンド開始時の写真を撮り忘れたのでSFX技術で再現。
もやっとしているのは羊の幽霊です、きっと。
トークンも一つ多いけど、見なかったことに。

新しいアクションは石材。
ソロプレイでは2つめの資源採掘アクションは必要ないかもしれませんね。

Aglicola-solo-50.jpg
まず最初のアクションでは木材の資源を獲得する。
大分貯まっていました。

Aglicola-solo-51.jpg
そして、大分数が増えて来た猪さんのための牧場を建設。
各自に用意されている柵は15本、これで全部使い切りました。

Aglicola-solo-52.jpg
3つ目のアクションではついに猪を獲得。
ただし、このスペースには厩がないために1マス辺り2匹しか飼う事ができません。

(収穫その4)

Aglicola-solo-52.jpg
収穫があっという間に来る。
収穫直前のCOQ村。
食料は1つ。

Aglicola-solo-55.jpg
猪1頭と羊2頭を食料に加工して合計7つ。
麦を収穫し、1つをビールに加工して合計10。
今回も無事収穫を終えました。

Aglicola-solo-58.jpg
最後は羊と猪を繁殖させて収穫終了。
猪を飼い始めたことで、食料受給がかなり安定。
お父さん、そろそろ2人目どう?

(ラウンド12)

Aglicola-solo-59.jpg
現れたのは羊の亡霊ではなくて、畑を耕して種を撒けるアクション。
まさに1粒で2度おいしい。
でも、次のラウンドでも収穫には間に合うので取り敢えずは家族を増やすことに専念。

Aglicola-solo-60.jpg
最初のアクションではついに石材を獲得。
ずーっと貯めていました。

Aglicola-solo-61.jpg
次に「小さな進歩:レンガの柱」を公開。
レンガの家増築はレンガ5つと葦が2つ必要だが、これをレンガ2つと木材1つ、葦1つで代用できる。
つまり木材1をレンガ3つと葦1つに変換できるようなもの。
非常に強力なカードだ。

Aglicola-solo-63.jpg
3つ目のアクションで資源を振り絞って増築。
ついにMAXの5部屋になった。

(ラウンド13)

Aglicola-solo-64.jpg
いよいよ終盤。
現れたアクションは「家族を増やす、部屋が無くてもよい」。
部屋は用意してあるのでオマケ要素は関係無いが、家族を一気に2人増やせるようになった。

Aglicola-solo-68.jpg
早速、家族を増やす。
「小さい進歩」を1枚公開できるので、「葦の池」を公開。

Aglicola-solo-66.jpg
他にあまり良いカードがなかったのと、公開する条件が「職業カード3枚」だったので出してみる。
残りのラウンドのスペースに葦を1つずつ置いて獲得できるようになる。
残り1ラウンドなのであまり意味は…

Aglicola-solo-69.jpg
続けてもう一つの「家族を増やす」アクションにも突入。
ラウンド14のスペースに葦が置かれているのが見える。
さっきのカードの効果はこれだけ。。

Aglicola-solo-70.jpg
最後のアクションでは牛さんを招き入れて終了。
牛は4頭獲得できたのだが、牧場スペースが2頭分しかないので2頭を食料に加工。
大分にぎやかになってきましたね。

(収穫その5)

Aglicola-solo-70.jpg
ラスト手前、正念場の収穫。
家族も増えたし食料が大変。

Aglicola-solo-71.jpg
と、いいながらも既に大牧場となったCOQ村で食料を調達するのは容易い。
麦を収穫し、ビールに加工して食料の合計は12となる。

Aglicola-solo-72.jpg
そして、食料を支払い無事終了。
生まれたばかりで何もしていない家族への食料供給は1つで許される。
従って、3×3+1×2=11個の食料を供出。

これで食料は十分なのだが、羊が増えすぎるので2頭間引き。
食料4つに加工して増殖を待つ。

Aglicola-solo-73.jpg
各自、つがいが増殖して牧場は満員状態。
なんと、家の中で牛をペットで飼う生活。

(ラウンド14)

Aglicola-solo-75.jpg
最終ラウンド!
最後のアクションは改築と柵の建設を同時に行えるアクション。
柵用の駒は既に全て使用してしまったのであまり意味はない。
空いているスペースを埋めることに専念しよう。

Aglicola-solo-76.jpg
持っている資源はこれだけ。
事前に獲得しておいた石材がここで活きてくる。

Aglicola-solo-77.jpg
最初のアクションで家を改築し、全てを石の家へと変換する。
これで大分得点がアップしたはず。

Aglicola-solo-78.jpg
続いて、残った資源をフル活用すべく「大きな進歩:井戸」を建設。
最終ラウンドなので食料は貰えないが、4勝利点が大きい。
終盤だなぁ。

Aglicola-solo-79.jpg
次のアクションでは畑を耕す。
残り1スペース!

Aglicola-solo-80.jpg
続いて野菜のトークンを1つ獲得。
今までならここでおしまいですが、家族が増えたのでもう2アクションできる。

Aglicola-solo-81.jpg
4アクション目には畑を耕し、種を撒くアクション。
野菜と麦を撒いて最大限の農作物を獲得する。

Aglicola-solo-82.jpg
そして記念すべき最終アクション。
羊を大量に獲得し、食料へと加工。
最後の収穫に備えます。

Aglicola-solo-83.jpg
そして得られる大量の食料。
よし、準備はばっちりだ。
カモン収穫!

(収穫その6)

Aglicola-solo-84.jpg
前のラウンドで大量に獲得した食料を支払う。
それでも大量に食料が余っている。

Aglicola-solo-85.jpg
作物を刈り取り、可能な限り家畜を繁殖させてゲーム終了!

(得点計算)

Aglicola-solo-86.jpg
これがCOQ農場最後の形。
これを得点計算法に従って計算していきます。

得点計算には47チクさんのページで公開されている計算アプリを使用しました。
これをスマホやi padに入れておくと何時でも使えて便利です。

<計算結果>
畑×4=3点
牧場×3=3点
×7=3点
野菜×2=2点
×8=4点
×6=3点
×3=2点
空きスペース×0=0点
囲まれた厩×1=1点
石の家×5=10点
家族駒×5=15点
進歩点×5=5点
トータル51点

マニュアルによると、ソロプレイの合格点は50点。
ということで、とりあえず合格!
(追記:かと思ったのですが、ルールを一部間違えているので不合格・・)
(さらに追記:牧場の得点はマス数ではなくてエリア数です。ご注意!)

しかし、これは序の口。
実はソロプレイの真の勝利は8ゲーム目にあるのです。
Ⅰゲーム目は50点、2ゲーム目は55点と段々目標点数が増えていき、8ゲーム目の67点を達成して勝利。
また、超過した分の点数は食料として次ゲームに持っていけます。
さらに、公開していた職業カードも引き継ぎ。
さらにエキサイティングな展開が期待されます。

メイドと醸造人と木こりで勝負になるのかわかりませんが、今度は2ゲーム目に挑戦してみます。

おつかれさま!

オススメ度:★★★★★★★★★☆

これは面白い。
ただプレイを書き綴っただけのリプレイでどの程度面白さが伝わるかわかりませんが、ソロプレイの面白さは特筆ものです。しかも、今回使用したのは初級者用のデッキ。さらに複雑で面白いカードを加えればゲームはもっと農耕になるはず。濃厚。

このゲームはソロプレイ用にデザインしたのではないかというくらいソロプレイが面白い。はたして多人数ではどうなるのでしょうか。多人数ではファミリールール(職業と小さな進歩の無いゲーム)しかプレイしたことが無いのでそのうちプレイしてみたいと思います。

ソロプレイでは自分の好きな時に好きなアクションを選べましたが、バッティングにより中々うまく行かないのでしょうね。また、職業カードと小さな進歩は各プレイヤーにランダムで配られるようなので、カード運が勝敗を分けそうです。人数分のカードを最初にドラフトして配るようにすればエキサイティングな戦いになりそうですが、強いカードを知らないと勝負になりませんね。

ソロプレイがここまで面白いと多人数プレイでのソロプレイ感(禅問答のようですが)が心配です。ただ、このゲームはソロプレイ専用としても持っていて損の無い面白さです。

もう一つ、このゲームで触れておきたいのがコンポーネントの豪華さ。大量のカードに加え、それぞれの駒やトークンがほぼ全て木製。箱を持った時のズッシリ感は驚きです。また、今回は通常のトークンでプレイしていますが、野菜や木材の形をしたトークンも別売されており、そちらを使用するとさらに気分が高揚します。ディフォルトのトークンでは木とレンガがわかりずらいのですよね。

欠点は、マニュアルの難解さ。
買ったのに放置していたほどマニュアルがわかりづらい。
不親切というわけではないのですが、構成がめちゃくちゃ。
ファミリーゲームとフルゲームに分けて書いている割に全てを読まないと意味がわからなかったりとか。
ただ、初めて見ればそれ程複雑なルールではないし、面白いゲームなので是非リプレイで興味をもったらプレイしてみて欲しいです。

私も、夜独りでプレイしていて、嫁に「シュールだねぇ」と言われたりしてもめげずにソロプレイに勝利したいと思います。

オススメ!

追記:一部ルールを間違えてしまい、勘違いしてしまった方が居たら申し訳ないです。そう簡単に羊が余る程生易しいゲームではないのですよね。やり甲斐があります。
トークンは、やはりわかりづらいので資源型の奴が欲しいです。。
(kunさん、情報ありがとうございました。また最初から始めてソロプレイを楽しみます!)