bungee.jpg01-Sep-2011 ボードゲーム レビュー


バンジー

作者:Haim Shafir
2−5人用
対象年齢:8歳以上

 別名”Uno Lite”

アミーゴ小箱カードゲーム「バンジー」です。
他人より早く手札を減らし、バンジージャンプを成功させることを目指すゲームです。
バンジージャンプは地面スレスレなほど評価が高くなります。

bungee1.jpg(クリックすると拡大します)
箱を開けるとカードが一組と点数表が一冊。
このゲームは6ラウンドで行うので、点数表はとても便利。
隙間に何か詰めてくれようとする姿勢は良いですよね。

bungee2.jpg(クリックすると拡大します)
カードの内訳は「1」〜「10」と「バンジー」が数枚ずつ。
イラストはバタ臭くならない程度にヘタウマ、まぁ好きです。
これらのカードを5枚ずつ手札として持ち、手番では以下の3つから行動を選択します。

1.カードを捨て場にプレイして山札から1枚引く。
2.捨て場から一番上のカードを1枚取った後にそれ以外のカードをプレイする。
3.手札の合計値が5以下になっていたら「バンジー」を宣言する。

カードのプレイ時には、同じ数字のカードは複数枚プレイできます。
「バンジー」を宣言したプレイヤーが現れたら、残りのプレイヤーは1順だけ手番をこなします。
ここで追っかけバンジーもアリ。
最後の手番を終えたら、全員が手札を公開し「バンジー」を宣言したプレイヤーの中で、
最も手札の合計値が少ないプレイヤーが地面スレスレに跳んだ勇者となりそのラウンドに勝利します。

bungee3.jpg(クリックすると拡大します)
勇者の得点は「ー10点」それ以外のプレイヤーの得点は手札の合計値となるわけですが、
カードの点数には特例があります。

バンジーカードは0としてカウントしますが、勇者以外のプレイヤーの得点計算では「10点」となります。
また、ゲーム開始時に1枚だけ表向けられたカードはボーナスカードとなり、そのラウンドのみ0点扱いです。

つまり、カード枚数は多くとも「バンジー」出来たり、
跳んだはずなのに、勇者となれずにバンジーカードで不利になるプレイヤーがいたりします。

6ラウンド消化し、最も点数の少ないプレイヤーが勝利します。
そうそう、唯一の赤いカード「6」は、プレイする事によって次の手番の人をスキップできます!

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

TBGL宮原ゲーム会にて、流さん、ちきさん、海賊船さん、MOGさんと5人プレイ。

COQの上家はちきさん、下家は流さんでした。

bungee1-1.jpg
軽〜いプレイ感でふわふわとバンジー。
COQの手札には10が二枚。

bungee1-2.jpg
これはラウンド終了時に20点となってしまうので、早々に捨てる。
同じ数字は同時に出せるのでこれを捨てて山から1枚獲得→8がきた。
こんな感じでゲームは進む。

そうこうしているうちに他の参加者がやってきて観戦。

  「へぇー、これどんなゲームですか?」
COQ「えーと、手札を減らしていくゲームなんですけど、軽くて…」

bungee1-3.jpg

ちき「はい、COQさん手番飛ばしね。」
COQ「(!)」

ちき「…で、バンジーと」

結構展開が早いので手番を飛ばされるのは中々つらい。
ちなみに、追っかけバンジーをするプレイヤーは「セカンドバンジー!」「サードバンジー!」
と叫ぶように説明書に書かれているが、特に意味はない。
セカンドだろうが、サードだろうが、地面スレスレの人が勝利する。

とうの昔からお前のバンジーを見切っていたぜ!という表情ができるならば、
悔しがらせるために狙ってみてもいいかもしれない。

   「で、どんなゲームです?」
COQ「そうそう、ちょっと前のゲームですけど、軽くて中々楽しいゲー…」

bungee1-4.jpg
ちき「はい、COQさん手番飛ばしね。」
COQ「(!!)」

bungee1-5.jpg
そんなCOQにもたまにはチャンスが訪れる。
これで3を捨てれば「バンジー」できるかも。
難しいのは、「3」を2枚捨てても1枚引かなければならないところ。
他人のバンジーに怯えながら一気にカードを減らすチャンスを待つゲーム。

bungee1-6.jpg
ちき「はい、COQさんと流さんの手番飛ばしね。」
COQ「(!!!)」


「で?」
COQ「ク○ゲーです!!」

プレイ時間 25分(6ラウンド合計)

勝者は、スキップとバンジーを成功させまくったちきさん。
COQは仏恥義理の最下位…。

オススメ度:★★★★★★★☆☆☆

軽くて楽しいカードゲーム。
その軽さ故に万人が楽しめるゲームだと思いますが、手番を飛ばす以外に他人をおとしめる手段が無いので、折角セカンドバンジーができるなら早めのバンジーで勇者になれない場合にはペナルティなどあると良かったかも。手番を飛ばせる様などからウノに似ていると評するプレイヤーもいますが、なるほどそんな感じでもあります。6ラウンドのプレイが若干冗長に感じる場合もあるので、ハーフで3ゲーム行うなど適度に調節すると良いでしょう。
時間調整なんかにも丁度良いです。

国内のショップにもたま〜に入荷したりするので、
興味のある方は見かけたらピック!