FLUSS_PIRATEN.jpg04-Feb-2011 ボードゲーム レビュー


宝の滝

作者:Gunter Baars
2〜4人用
対象年齢:5歳以上

川の”海”賊というダサ格好よさにシビレル!


ラベンスバーガー社の「宝の滝」の紹介です。

作者はギュンター・バース、凝ったアクションを搭載したコンポーネントで有名なデザイナーですね。

このゲームもまるでゲームセンターのコインゲームのようなコンポーネントが楽しげで、箱のイラストのオヤジがキュートです。

しかも、説明書の「川の海賊」という未知の生命体に痺れます。
「今日かったるいからダイエー行こうぜー」って言う高校生みたいです。

まずは「川」を組み立て、大小の水チップを敷き詰めます。川の端には水チップを押し出すバーが綺麗にはまるようになっており、イメージ通りにバーを押し出す事によって余分な水チップを川から落とします。

こうして川が出来上がったら、水チップにお宝キューブを配置します。
お宝は、白=4点、赤=3点、黄=2点、緑=1点。
白だけは一番奥に配置し、残りはランダムに置いていきます。

一番点数の高いお宝は最後に登場って寸法です。

各プレイヤーの手番では、サイコロを1つ振ります。
このサイコロには1、2、2、3、3、Xの面があります。
サイコロの出目は自分が置かなければならない水チップの数を表します。

「置かなければならない」と書いていることからも判る通り、沢山の水チップを置く羽目になったらピンチ!
なぜならお宝が川から落ちると、そのお宝は全て前の手番のプレイヤーの物となるからです。

従って、自分の手番では、お宝がギリギリ川から落ちない状態がベスト!

水チップを置いたら、バーをストッパーの所まで動かします。
ここではある程度力加減を調節することが可能なので、狙い通りにいけば「寸止め」状態を演出し、右を向いてドヤ顔をすることが許されます。

さぁ、最後のお宝が獲得された瞬間、最も得をしているのは誰でしょうか?



FLUSS-1.jpg
ゲームの準備が完了したところ。
ゲームセンターのコインゲームみたいでしょ?

FLUSS-2.jpg
サイコロの出た目の水チップをのせて…

FLUSS-3.jpg
バーを押していきます!


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自宅にて、JJが大分名物鳥料理を調理中にカジ、ナカと3人プレイ。

FLUSS-1.jpg
まずは川を準備してお宝を乗っけます。
写真で見るとわかりずらいのですが、結構小さいんですよね。安いんだけど。

手番はカジ→ナカ→COQの順。
手番順は勝敗にかなり影響を与えるファクターとなりそうです。
理論派のナカより川の海賊なカジの上家のほうが有利そう(笑)

FLUSS-2.jpg
手番はカジから。まずは3で軽いジャブ。一枚は大きな水チップを使用しなければいけません。

カジ「こりゃ確かにゲーセンのコインゲームみたいですねー。ドイツゲームっていろんなのがあるんですねー。」

FLUSS-3.jpg
こんな感じでゲームは進んでいきます。

FLUSS-5.jpg
そして、めでたく最初のお宝はCOQの元へ。
これは幸先いいや。

FLUSS-8.jpg
そう思ったのも束の間、ナカが巧みに寸止めした状態で手番をまわしてきます。
しかも、出目は3! なんとか端に水チップを置いてあがいてみるも・・・

FLUSS-9.jpg
あえなく、大量のお宝がナカの元へ。涙で写真まで曇っています。

しかもカジまでも大量のお宝を獲得し、一人取り残される展開。

カジ「COQさん、水チップでアベカエサル!って敬礼してくださいよ!」
などと、超余裕発言をしてくる。

しかも、
face.jpg
こんな顔で。 にくたらしい。

再びお宝オンザエッジで回って来た手番にあきらめかけたところに、
FLUSS-12.jpg
奇跡のサイコロ「X JAPAN!」
この手番は水チップをのせる事無くパスしてカジへまわせる事に。

カジ「まじすか〜!これはもうX JAPANしかないじゃないですか!」

どれだけ〜♬涙を流せば〜♬

ラスティネイルを口ずさみながらカジがサイコロを振る!

FLUSS-13.jpg
が、無情にもサイコロは最悪の3。

FLUSS-14.jpg
ここで、白以外のお宝が全て落ち、Xのいたずらのお陰で全員の点数はほぼ均衡。
最後に白いお宝を手に入れた者が優勝という安いクイズ番組のような展開!うまくできてる!

FLUSS-15.jpg
ここでナカは、また巧みに白いお宝を崖っぷちに立たせてまわしてくる。センスあるなぁ。

ここは先ほどの手番のように「X」をだしてカジに玉砕してもらうしかない!

COQ「Xがでるような気がする!うぉぉ!震えるぞハート!燃え尽きる程ヒート!」

こい!「X」

カラン、コロコロ…

しかし、結果は「3」

場内にゲーム終了のムードが漂う。

カジ「いやぁ、残念でしたね〜」

COQ「うーん、3かぁ、流石に3は無理かなぁ」

FLUSS-16.jpg

COQ「だが、断るッ!」

よく見ると、3枚の水チップを吸収できそうなくらい隙間が空いているのだ。
ここをゆるゆると攻め、なんとかして白いお宝を落下させないように頑張る。
すると、ナカがもう少し攻めておけば良かったと後悔の発言。その声が勝利の足音に聞こえる。

FLUSS-19.jpg
結果、見事にお宝は土俵際で踏ん張り、カジの手番で落下してCOQの勝利!
20分程度でしたが、実にアツい戦いでした。


オススメ度:★★★★★★☆☆☆☆
子供と一緒に!

このゲームは見た目の通り、複雑なルールなど無い、シンプルなゲームです。
サイコロの出目やお宝の落下に一喜一憂できる雰囲気を作れれば、かなり盛り上がります。
しかし逆に、この部分で盛り上がれないと、ゲームは退屈なものになるでしょう。

ゲーム会で初見のヒトとプレイしたりするのにはあまりオススメしません。
出来れば、勝手知ったる友人や家族とプレイしてみて下さい。
ジョークを混ぜてプレイすれば、楽しい時間が過ごせると思います。

写真では中々わかりずらいのですが、結構コンポーネントは小さめです。
まぁ、値段も安いのでしょうがないのですが。