plato3000.jpg10-Jan-2013 ボードゲーム レビュー


Plato3000

作者Sheamus Parkes
2−4人用
対象年齢:10歳以上

キックのおまけにもなったカードゲーム

キャラメル箱から出てきたのは、世界3大カードゲームの1つ

plato-3.jpgカードはツルツルで綺麗。なるべくシールは貼りたくない出来。世界3大カードゲームというのをご存知でしょうか。すなわち「ラミー」、「コントラクトブリッジ」そしてBフェドゥッティの「ドワーフの王様」のことです。この「Plato3000」は、その中でも所謂ラミー系に分類されるゲームです。

ラミーは元々トランプ等で遊ぶゲームで、麻雀のように3枚セットの組を作って公開していき、先に手札を無くそうとするゲームです。一説によると、どちらも起源は中国らしいです。有名なラミーキューブも、これに類するゲームですね。キックスターターで、「グローリートゥローマ」の供給が遅延したことから、そのお詫びとしておまけに付いたようですが、普通にお店でも売っています。

ドワーフの王様はウソです。本当はポーカーです。ごめんなさい。


ラミー!ラミー!ラミー!

plato-1.jpg捨て札置場が2箇所あるのがポイント手番では、手札を山札もしくは捨て札から1枚補充してからセットを1組公開(できれば)し、その後で既に公開されている他人のもしくは自分のセットに好きなだけカードを追加します。最後にカードを1枚捨て、この時点で手持ちが無くなれば”あがり”です。各自が公開しているセットが得点となり、手札に残ったカードの得点はマイナスとなります。これを総得点が規定値に達するまで繰り返していきます。4人で遊ぶ場合には、チーム戦となります。

他人のセットにカードをつけるところは、相手に得点を与えることになるので悩ましくて◎。

Platoとは、日本で言うプラトンのことのようです。月のクレーターの名前であったりもするようですが、多分哲学者のほうでしょう。


スピーディな展開が期待できる

plato-2.jpgサクサク進むよplato3000のバックグラウンドには”世界の破滅後〜”というストーリーがあり(詳しくは海長とオビ湾のカジノロワイヤルでスピーディーに確認!)、そのカードには、公開する程に有利となる特殊能力が付されています。また捨て札置き場が2つできるシステムとなっており、シンプルなラミー系ゲームよりもスピーディーな展開を期待できます。イラストにはバックグラウンドの雰囲気を継承した美麗なものが採用されていてGOOD。何ディールも繰り返しプレイするカードゲームなので、スピード感との相性は良いですね。

4人でチーム戦を行う場合は、2箱利用しても良いらしい。ベストは2人なのでしょうね。



オススメ度:★★★★★★★☆☆

ラミー系のカードゲームということで、目新しいものではないですが、カードの雰囲気とサクサク進む感じが好みです。4人のチーム戦しか体験していませんが、2人でじっくり構えても面白いでしょうね。何よりカードがシャレオツです。

私はベルギーのお店から輸入した後に、オマケで配られた実績を知りました。8ユーロくらいだったと記憶しています… 他に頼んだ物が軒並みアレな出来だったのでホント救われました。


boardgameshop.jpg
ここで買いました