AveCaesar.jpg07-Dec-2010 ボードゲーム レビュー


アベカエサル

作者:Wolfgang Riedesser
3〜6人用(4人以上推奨)
対象年齢:12歳以上

あ〜とか〜ら〜き〜た〜の〜に

     お〜いこ〜さ〜れ〜♬

 アスモディー社の「アベカエサル」の紹介です。
 長らく絶版状態にあり、オークションで高値が付いていたのですが、現在は新版が発売され、日本でも手に入る状態です。

 プレイヤーは古代ローマの戦車レースに出走し、皇帝シーザー・カエサルの前でデッドヒートを繰り広げます。

 ゲームの目的はいたってシンプル。それは「一番にゴールすること」です。ボードに描かれたトラックを最も速く3週したプレイヤーが勝利します。

 自分の戦車をどのように進めるのかといえば、1~6までの数字の書かれたカードを使用します。各プレイヤーは自分専用の山札を持ち、その中から3枚を手札とします。手番ではその中から1枚をプレイしてその数だけ自分の駒を進めます。ただし、最大の数である「6」だけは、自分がトップの時は使用できません。

 コースは現実のトラックと同じように、内側を走れば、距離が短くなるように作られています。また、カードの枚数には限りがあるので、あまり外側を走ってばかりいると、ゴールすら危うくなります。

 ボード上には幾つか、狭くなっている部分があり、混戦となると外側を走らざるを得なくなったり、パスするはめになったりします。手札は出せるなら出さなくてはいけないというルールがあるので、相手の進路を妨害するような巧みな戦車さばきが勝敗を決します。

 最後に、このゲームの華は各プレイヤーに戦車駒の他に配られるローマコインです。プレイヤーはコースを3週するまでの間に(つまり1週目か2週目に)シーザーの前でコインを指で弾いて敬礼しなくてはなりません。これを忘れると、処刑されて失格という、ロマン溢れるゲームです!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 自宅ゲーム会にて、ヒロシ(黒)、カジ(青)、JJ(緑)と4人プレイをしてみました。(自分は
通常、数ゲームを行って、ポイント制で勝敗を決するのですが、1レースのみでの決着ルールで勝負しました。


ave_caesar1.jpg
一斉にスタート!!
横のピットロードみたいなところが拝謁のマス。




ave_caesar3.jpg
 アベカエサル!!






ave_caesar2.jpg
 ボード全景。 裏面にも違うコースがあります。

 スタート!! どどどどどどどっ

 最初の手番はヒロシから。

ヒロシ「スタート時は6使えるんですか?」
COQ「並んでいる時は使えないよ。」
ヒロシ「そうですか、じゃあ5でやらせていただきますッ!!」

 ヒロシ、ロケットスタート。次いでカジ、JJもスタートするが、自分の手札はなんともショボく、前にでることができない。

 すると、カジがまだ序盤だというのに巧みにブロックを効かせ、自分は大外を回らざるを得ない。序盤から嫌だなぁと思っていたら、今度はJJが進路を完全にブロック!!

COQ「君達、いつからそんなにエグくなったんだよ。。」

 仕方なく、一回休み。このゲーム、2位以下のプレイヤーは6を使えるので、ある程度逆転ができるようになっているのですが、いかんせん、最大6マスしか進めないので、何度もパスさせられたら致命的。

 と、思っている矢先に、今度はループカーブでヒロシ&JJのいやらしいダブルブロックでまたもパスを余儀なくされる。

 下々の戦車がもみ合っているうちにカジはどんどん先へ。早速、カジがシーザーへの謁見を済ませます。

カジ「アベカエサル!」

(COQ「よし、自分も1週目で謁見して、最後に一気に差し切ろう」)

 何度も言うように、後続の戦車は6を使えるので、6の末脚を貯めて、一気に爆発させる戦略も重要です。しかし、この戦略もむなしく、1周目の謁見は、JJに邪魔されてあきらめる事に。

 続いて2周目に突入するも、またも1週目と同じ場所でJJにブロックをされて1回休み。フラストレーションが貯まります。

 なんとか2週目にシーザーへの謁見路へ駒を進めるも、

COQ「アベカエサル!! スカッ コロコロ…」失敗。

カジ「COQさん、処刑じゃないですか?」

COQ「いいんだよ、別に、謁見することが重要なんだから」

 敬礼に失敗したからCOQは絶対ビリだと盛り上がる面々。
 まぁ、今にみてろよ。と。

COQ「網走番外地って映画知ってる?」

カジ「知りません、なんですかそれ。」

COQ「あぁ、そう…」
(COQ「耐えて、耐えて、最後にぶちのめすって映画だよ。」)

 しかし、その後もJJのエグ過ぎるブロックの前に、COQ(高倉健)は1度も2位以上になることなく、トラックの露と消えたのでした。

 1着カジ、2着ヒロシ、3着JJ、そして10馬身差で自分

COQ「エグ味が強過ぎてまったく進めなかったよ」

JJ「あれしか出すの無かったんスよ」

ヒロシ「やっぱり、敬礼に失敗したからですね」

      「!」


ave_caesar5.jpg
スタート直後、早速ブロックされて、
外側を走らざるを得なくなる赤。

ave_caesar6.jpg
直後に1マスしかない進路を塞ぎ、ブロック。

ave_caesar7.jpg
ループカーブでダブルブロック、今に見てろ、と。

ave_caesar4.jpg
2週目も同じ場所でブロックされる赤。

ave_caesar8.jpg
エグイ!エグ過ぎる!エグ味が強過ぎて。。

ave_caesar9.jpg
 今4着でゴーールッ!! 手番的には2枚分届きませんでした。

 オススメ度:★★★★★★★★★☆
 初心者にも!!

 絶版になっていた間、オークションで高値が付いていた理由がわかります。凄く熱い!以前はランキングでいつも上位に表示されているけど、現物を見た事が無い、という伝説のゲームだったのですよ。

 このゲームは、混戦になればなるほど面白いと思うので、やはり4人以上、出来れば最大人数の6人で遊びたいゲームです。

 エグイ奴がいると、中々前にでることが出来なくなりますが、それも結構笑えます。レースゲームの中ではピカイチの内容ではないでしょうか。また、この古代ローマの雰囲気がゲームにぴったり。これが、例えばF1レースとかだったとしたら、これほど面白くは感じないのでしょう。

 6人までできるゲームというのもあまりないですし、パーティゲームとしてもかなり楽しめます。ルールが単純なので、すぐに熱狂間違い無し!!

追記:新版と旧版では、コースが違うようです。こちらに、旧版のコースがアップされていますので、駒とカードを流用して遊んでみるのも一興です。