Quarriors_maji.jpg09-Dec-2011 ボードゲーム レビュー


クォーリアーズ!魔神到来!

作者:Mike Elliott & Eric M. Lang
2〜4人用
対象年齢:14歳以上

オフィスに蔓延しているような
   堕落に満ちあふれた拡張セット!

130個のダイスを用いたデッキ構築ゲーム「クォーリアーズ!」の拡張第一弾。
新たなる魔法、ドラゴンを超えるモンスター魔神、そして堕落源ダイスが同梱された「魔神到来!」です。
その他、基本モンスターの堕落対応カードとプロモカードが付属しています。

基本のゲームシステムは上記のリンクを辿って頂くとして、拡張に特化した紹介をしましょう。

Quarriors_maji2.jpg(クリックすると拡大します)
まずは、国外版の基本セットに付属していたプロモカード。
プロモ同士が影響を与え合うようなモンスターカードが3枚。
全部に付けておいてプロモカードも無いものですが、貰えるものは有り難く。

Quarriors_maji3.jpg(クリックすると拡大します)
本命の堕落拡張。
この拡張の特徴は、【堕落源ダイス】。
他人のデッキに無用のダイスを放り込めるのです。
以前はどうしても走り始めたプレイヤーを止めるのが大変でしたが、相手への干渉がし易くなりました。
また、堕落源ダイスに対応したモンスターカードも全種類分用意されており、
基本のモンスター達も堕落源ダイスを操ることができます。

また、特定のプレイヤーの勝利点を削る能力も用意されており、増々混戦演出が可能に。
ダイスゲームを盛り上げる仕様です。

最強のモンスター魔神(魔界の王)は、他人のダイスを勝手に追放する極悪仕様。
新しい魔法は、他人の堕落源ダイスを得点に変えたりと、これも中々面白い。

Quarriors_maji1.jpg(クリックすると拡大します)
最近ホットな箱絵の話題にも触れておきます。
基本セットの日本語コピーには「勇者の力が大爆発」等と、中二病の危うさが垣間見えていました。
しかし魔神到来!では、そのコピーが大分あか抜けた印象。

「魔神到来はオフィスに蔓延しているような堕落に満ちあふれている」だの「堕落済」だの。

他にも色々と心躍ることが書いてあるので、是非購入して探してみて下さい。
説明書も面白いし、見事な脱皮を果たしたと言えるでしょう。

勝利条件は基本セットと変わらず、目標勝利点到達で勝利です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

TBGL宮原ゲーム会にてちきさん、流さんと3人プレイ。
既に堕落した3人で堕落拡張を遊ぶ。

qua01.jpg
問題の堕落源ダイス。
拡張には、どの程度堕落感を楽しみたいかによって、拡張のカードを使う枚数が指示されている。
今回は、適度に堕落。

qua02.jpg
写真の腕が堕落していて観づらいが、堕落を操る基本カードや魔界の王も入っている。
魔界の王のダイスは、クレーム対策なのか、やけに綺麗。
(注:基本セットのダイス文字が読み辛いなどのクレームがあった模様)

qua03.jpg
初手、見事に魔力ばかりを振り、惰力源ダイスを他人の袋に突っ込むモンスターを獲得。
非常にシンプルで、今回の拡張の楽しさを味わえそうなモンスターだ。
攻撃力と防御力のバランスも良い。

初手は時空扉ダイスという、サイコロを袋から追加できるダイスを取るのが定番なのだが、
ここは敢えて強力なモンスターから獲得する。

qua04.jpg
すると、早速召還することに成功。
そして、アスタリスク(*)2つ付きの最強面。
この面は、他人の勝利点を削ることができる。

qua06.jpg
流さん、堕落源ダイスお買い上げ!
クォーリアーズは初手番順に有利さがあるので、1番手で始まった人は序盤叩かれる運命。
運命の堕落。

qua11.jpg
なんだかこの日はダイス運が良く、他人を面白い様に堕落させたり勝利点を削ったり。

qua07.jpg
時空扉ダイスを沢山ひいて、ドラゴンダイスを獲得したちきさんが追い上げてくるが、
某ブログの懸賞等で使い果たしたせいか、ダイス運が付いてこずにドラゴンが露と消えていく。

qua13.jpg
結果、赤のCOQがブッチギリで堕落した2人を突き放して勝利しましたとさ。

プレイ時間33分

オススメ度:★★★★★★★☆☆☆

相変わらず、面白い。
堕落源ダイスに代表される相手デッキへの干渉で、走り出したプレイヤーへの抑制や、順位の交代がどの程度可能なのか、2回試してみたけれど思った程干渉に効果は無い。それでも、他人のデッキに干渉したり、惰力源ダイスを振っている様を見るのは思った以上に楽しい。

ある程度、トップ叩きが意図的にできる様になったので、ゲーム性は向上したのではないかと思います。とは言え、狙って叩く効果よりもダイス運のほうが大きいので、この拡張が嫌いという人は少ないと思います。

プレイ感も損なわないし、これは「最初から入れてくれよ」拡張。箱のデザインやクドい程のキャッチコピーも中々のセンスであり、基本セットの危うさは伏線だったのではないかとさえ思える。

総合的に、この拡張はあったほうが面白いと思います。クォーリアーズ!の基本セットのダイスゲー感にシンクロした方は是非。