ショートレビュー集 2014
同人ゲームや、かなり昔にプレイしたゲーム等をショートで紹介。

ポートロイヤル
Port Royal

さあ漕ぎ出せ!
壮大な坊主めくりの世界へ

2014年にペガサスシュピーレから発売された「ポートロイヤル」です。日本ではホビージャパンが輸入を担当し、近々完全日本語版の発売が予定されているようです。

portroyal.jpgportroyal.jpg

まず、箱絵の妙にヘタウマな感じからルックアウトゲームズを思い出します。そう、アグリコラルアーブルのアートワークを担当した人と同一人物がイラストを描いています。ルアーブルを買いにきた少年が間違えて手に取っちゃうこの感じ、悪くないです。コンポーネントはカードのみですが、中のイラストも概ねこんな調子です。本作は元々同人ゲームとして発表され、それが賞を受賞してメーカーから発行されるに至った経緯があるようです。BGGでの評判も上々のようで、平均レート7以上を維持しています。なぜだかわかりませんが。

portroyal-2.jpgportroyal-2.jpg



ゲームの内容は、”少し複雑な坊主めくり”です。大きく分けて4種類(海賊船、建物(またはキャラクター)、指令書、徴税)のカードが混ざった1つの山から手番のプレイヤーが1枚ずつカードをめくっていき、数種類ある海賊船の同種2枚目をめくってしまうとそれを撃退できない限りドボンになり手番終了となります。ドボンのリスクを考えながら、適度なところでめくるのを辞めた後は、手番のプレイヤーがカードを一枚獲得し、次にその他のプレイヤーも手番のプレイヤーにお金を支払えばカード獲得のチャンスがあります。

portroyal-1.jpgportroyal-1.jpg

ドボンの引き金となる海賊船は、カード獲得の段階ではお金となり、このお金を利用して建物を建てていくことになります。カードの獲得チャンスがあっても、お金がないと建物を建てる事は出来ません。建物には勝利点が付与されており、これを一定数集めることが終了&勝利条件となります。

また、建物には特殊能力が設定されており、「X枚以上めくるとお金が貰える」とか、「同種2枚目の海賊を撃退するための攻撃力+1」など、建物を建てることで次第に手番を有利に進められるようになります。また、指令書を達成することにより勝利点を効率よく延ばすことができます。指令書の達成にはその為の建物を建てる必要があります。


portroyal-3.jpgportroyal-3.jpg

手番の手助けが何もないうちは慎重に手番をすすめて他のプレイヤーに決して遅れをとらないようにし、手助けを少しずつ増やして次第に大きな勝負をしていくゲームです。

総評

良く出来た同人ゲームという感じ。決して遅れをとらないように、リスクベースで手番をコントロールするのはルールを読んだだけだととても面白そうですが、良くも悪くも坊主めくりです。全てのカードが一山に凝縮されているため、当たり前ですがでる時は海賊船がでるけどでない時はでません。度々、全く海賊船がでなくて延々とカードを引き続け、プレイが冗長気味になることがありました。どうせなら、「ダイスを降って海賊がでたら海賊のデッキから引く」としたほうが、ゲームをコントロールできたような気がします。というか、やはりカードだとどうしても偏ってしまうので、この手のゲームはダイスを用いてデザインされてきていたような気がします。一旦差がつくと埋める事が難しいシステムとカードの偏りが起こることの相性が凄く悪いと思い、これは床ウリで手放しちゃいました。ところで、なぜこの言語依存ゼロのカードゲームを日本語版として発売しようとしているのかは謎です。

★★★★☆☆ 5


恐怖の歯医者
(Tooth Terror)

狂気の沙汰

オランダのメーカーから発売された恐怖の歯医者ゲームです。もはや弁護士と並んで日本の高学歴ワーキングプアの代表格に成長したデンティストですが、彼らがそのストレス発散のため、如何に患者に苦痛を与えられるかを競うという狂気に満ちたゲームです。

tooth_terror.jpgtooth_terror.jpg

このゲームは作者の家でファミリーゲームとして誕生したらしいです(いったいどんな家だよ)。その評判が高じて発売に至ったようです(狂気!)。

ゲームは自分の前に患者に苦痛を与えるカードを所定枚数出して得点していくというセットコレクション系となっています。クソ狂気なことに、このセットコレクションは一度に1種類ずつしか作れず、しかも手札から出せるのは1手番に1枚までです(狂気!)。


補充したカードに今自分が出しているカードがあれば次の手番で自動的に出していく。ただそれだけ。なんて退屈な歯医者なのでしょうか。しかし安心して下さい。2枚目以降に出すカードは、そこに書かれた悲鳴を上げてださなければいけませんし、これを忘れるとカード没収のペナルティがあります。緊張感をもって遊べる素晴らしいルールです(狂気!)。

tooth-1.jpgtooth-1.jpg

その他、特殊カード(消毒してない器具を使ったので患者の痛みUP!とか)で得点を増減させたり、何の前触れもなく他人のセットコレクションをまるごと奪えたりする、患者ではなくプレイヤーに苦痛を与えるカードがふんだんに用意されています。得点を4倍!など凄まじいバランスのカードも。ちなみに、ゲームは山札をリシャッフルしてコレクションするカードがなくなるまで延々と続きます(狂気!)



tooth-2.jpgtooth-2.jpg
↑イラストはそんなに悪くない…

総評

人類は進化し、オートメーションに頼る世界はカードゲームにもその影響を与えました。出せればだす、出せなければださない。プレイヤーすら必要としない近未来のオートメーションシステムです。このような革新的なシステムを現代の感性で評価することは困難です。従ってこのゲームの肝は、カードを出す時の悲鳴や超絶攻撃的なカードに見出さなくてはならないでしょう(これを忘れると云々…というあたりで最早ゲームとして期待するようなものではありませんけれど)。それでも、忘れちゃったらどうしよう!というゲームを楽しむ事に余念のないそこのあなた、全くもって大丈夫です。カードを出す際に悲鳴を忘れることはありえません。そもそもこのゲームを遊ぶこと自体がものすごく苦痛だからです。昨年のマフィアダラーに続き、悪球打ちのドゥーム評議会でも無事途中終了が可決されました。しかし、購入をためらってはいけません。毎日美味しいゲームばかり遊んでいたら舌が麻痺してしまいます。これをあなたのコレクションに加えることで初めて、あなたのゲームライフは真の狂気へとその一歩を踏み出すことでしょう。

★★☆☆☆☆☆☆☆ 2

ハリウッド

ロシア産ハリウッド映画という謎

 ロシア産とは思えない、ちょっと前のアメリカンドリームみたいな箱絵のゲーム「ハリウッド」です。名前の通りに想像を裏切らない、ハリウッド映画を作成するカードゲームとなっています。

hollywood.jpghollywood.jpg

基本的にはセットコレクションです。監督、俳優、脚本を基本としたカードのセットを作成し、3年(ラウンド)にわたって作成した映画を公開して得点していきます。カードは主に、競りとカードドラフトによって揃えていきます。カードにはレアなカードと普通のカードがあります。まずはレアなカードを前年度の勝者が1枚ずつ配り、その後で普通のカードを各自に7枚配ってその中から1枚ずつ選択しては残りを隣に渡していきます。ユーロゲームでは「セブンワンダー」でお馴染みのシステムです。その後、最後のレアカードを1枚、秘密ビッドの競りで獲得し、合計9枚のカードで映画を作ります。


映画には最低でも監督、脚本、俳優1人が必要なため、1ラウンドに最大3本の映画を作る事ができます。その他、演出家やエキストラなど特殊な効果を与えるカードも用意されており、役を作る事によって得点が高くなるようになっています。得点はそのままお金にもなっていて、次のラウンドで競りにつぎ込むことができます。また、各カードにはアクション映画や恋愛映画などのジャンルが付与されており、それらを集めることでも得点が高まるようになっています。さらに、ラウンドごとにオスカーシンボルのついたカードを最も持っていた監督にはアカデミー賞が与えられ、次のラウンドでカードを分配する権利が与えられます。

hollywood2.jpghollywood2.jpg

さて、映画ゲームというと実在映画のパロディが期待されます。おまけとして付属していたプロモカードはユニークなイラストの俳優カードでした。版元のホームページを見てみると、どうやら元のロシア語版には「ディカプ○オ」や「シガニー○ィ―バー」等の俳優が採用されていたようです。


しかし、残念ながら多言語版でその要素は取り除かれてしまったらしく、全て均一なイラストが採用されていました。これは、ちょっと致命的かもしれません。

hollywood1.jpghollywood1.jpg
↑これはプロモカード

総評

駄目です。この手のゲームの唯一の楽しみである実在の俳優や監督を揃えるという要素が欠落した時点で手足を捥がれています(逆にこれさえあれば多少のことは許されるのですが…)。おまけに、オスカー駒はどう見ても修道士です。クニチーの「ドリームファクトリー」も版権の問題で新版に実在の俳優が登場しなくなり駄作となりましたが、これも同じ過ちを冒しています。そもそも、版権の問題でロシアから出るときにこのような状態になることは分かっていた筈です。俳優が多少なりともユニークな状態でロシアの永久凍土に埋もれていたほうが幸せだったことでしょう。また、必ず必要な3種類のカードが確実にゲームに登場するロジックが欠落しているため、誰も映画を作れないラウンドが発生する可能性があります。多人数であればまずないでしょうけれども、3人程度ではたまに発生するかと。とにかく、俳優や監督、脚本に固有名詞のない映画ゲームなんて、アカデミー賞どころかラズベリー賞も危うい超ド平凡なドラフトゲームでしかありません。

★★★★★☆☆☆☆☆ 5

エイリアンフロンティア

ヤッツィー型
ダイスプレイスメントゲーム

 ベルギー発の傑作ダイスゲーム「トロワ」と時を同じくして世に出たアメリカ産ダイスプレイスメントゲーム「エイリアンフロンティア」です。発売当初、ダイスをワーカーとして見なすゲーム同士で「トロワ」を凌ぐ程の人気を博し(たらしい)、何人かから”エイリアンフロンティアのほうが好き”という意見も直接聞いていたゲームです。数年前のゲームマーケットで購入し、重い思いをして持ち帰り、そのまま積んでました。

Alien_Frontiers.jpgAlien_Frontiers.jpg

(僕の周りだけ?)トロワと比べる人が多いですが、ゲームは大分違います。エイリアンフロンティアのゲームシステムは一言で言えばヤッツィー型ワーカープレイスメント。アメリカ人はヤッツィーが大好きなんです。ワーカーとなるダイスを振り、ボードに配置してアクションを行います。しかし、出目の組み合わせによってその置き場所は制限されます。こうして資源やカードなどを獲得して、最終的には中央の惑星を開発して勝利点を得ます。

Alien_F1.jpgAlien_F1.jpg

ボードには開発する惑星とその準備のためのダイス配置マスが点在。それぞれのダイス配置マスでは、資源を獲得したり、特殊能力のカードを手に入れたり、所有ダイス数を増やしたり。


配置できるダイスの組み合わせはそれぞれ決まっており、階段状の組み合わせやペアなどで制限されています。同じ組み合わせでも、大抵はポーカーの役と同様に出目が大きい方が強い扱いとなっており、誰かを無理矢理どかしてアクションを行うには良い出目が必要。強い出目を敢えて置いて他人の行動を制限したりすることもできます。

Alien_F2.jpgAlien_F2.jpg

序盤は各自、資源集めや所持ダイスの増加、能力カードの獲得などにせいを出していきますが、次第に惑星の開発に着手するプレイヤーが出始めると追いかけるようにして開発に殺到し始めます。惑星は8つのエリアに分かれており、それぞれのエリアが建設された拠点のマジョリティによって誰かのものとなります。マジョリティを獲得すると、そのエリアのタイルが獲得でき、得点とともに特殊能力が手に入ります。どこに拠点を建設するかは完全に自由です。

Alien_F3.jpgAlien_F3.jpg

拠点の得点はマジョリティなので、各プレイヤー間の間を行ったり来たり。コレに加えてアメゲーらしく、カードの奪い合いや資源の奪い合いもできる様になっています。実に好戦的な仕様です。困ったものです。マルチゲームの要素を有しているので、序盤に目立ち過ぎると袋だたきにあったりします。


総評

ヤッツィーとワーカープレイスメントを組み合わせ、宇宙開発のテーマも盛り込んだ傑作ゲーム。
…なんですけど、COQはトロワの方が好きです。土地の奪い合い、カードの奪い合い、資源の奪い合いが任意の相手に自由にできてしまうお陰で、どうしてもプレイヤー間の政治力が関与するゲームとなってしまいます。「アイツトップ目だから叩こうぜ」、「さっきやられたからやり返します」、「お前、俺に逆らうの?」、「のび太のくせに生意気だ」好きな人は好きでしょうけど、苦手。また、ゲーム終了近くになるとトップ叩きが横行し、展開が急に遅くなります。時にグダグダのラストとなり、これも個人的にイマイチな点でした。ただ、この意見はあくまでも個人的なものなのでご注意ください。世間では種族拡張やデラックス化キット(写真はデラックス仕様になってます)が発売され、ヤッツィーと殴り合いが三度の飯よりも好きな人たちが惑星の周りで踊り狂っているようです。来世にアメリカ人になりたい人はこのゲームで鍛えておくと良い結果が期待できるでしょう。殴り合いスキーなあなたに。再版を繰り返して4版目ですけど、その度に末端価格が乱高下しているような気がします。買った時の2倍で売れました。

★★★★★★☆☆☆☆ 6




中世の建築士たち

シビアなリソース管理の
シンプル建築ゲーム

 比較的小さな缶入りのカードゲーム「中世の建築士」です。アートワークは実に丁寧で、付属のプラスティックチップも値段の割に良く出来ていて満足感は高いです。そもそも缶箱が嫌いだという点を除けばネ。

builders.jpgbuilders.jpg

中身は中世の建物のカードと建築士のカード。プラスティックのコインは1と5ですね。それぞれのカードは共通する4つの要素を持っていて、建物カードには建築に必要なトータル数が、建築士にはそれぞれが建築に取りかかった時に満たす要素数が目盛り状のアイコンで記されています。携帯電話の電波みたいな感じです。金の要素がバリ3!みたいな。

P4169778.jpgP4169778.jpg

手番では基本的に3アクションポイントを消費して行動します。それぞれ1アクションポイントを消費して、場の建築士を持ってくる、場の建物を持ってくる、持ってきた建築士にお金を払い建物に派遣して建築させる、お金を得るのアクションを任意の組み合わせで実行していきます。


建物に派遣した建築士の要素は累積し、全要素の建築に必要な値を超えたら自動的に建築は成功してお金と勝利点が貰えます(幾つかの建物は勝利点の代わりにタダで派遣できる建築士状態になります、中々時間がなくて活かしきれませんが)。派遣した建築士は、建物の横に並べて建築中であることを示します。

builders-1.jpgbuilders-1.jpg

同一手番で同じ建物に複数の建築士を派遣する場合にはより沢山のアクションポイントが必要です。アクションポイントは1ポイント5金で購入する事が出来ます。また、建築に成功した建築士は再び別の建築に派遣できるようになります。こうして、規定の点数を先に超えたプレイヤーがゲーム終了トリガーを引いたことになり、他のプレイヤーが同じ手番数になるようにしてゲームは終了します。最高得点のプレイヤーが勝利です。同一手番数で如何に得点を延ばすかが勝負なので、アクションポイントと建築士を遊ばせないマネージメントがかなり重要なゲームです。

builders-2.jpgbuilders-2.jpg

絵はホント、PCのリアルタイムSLGみたいで良い。




総評

やらせたいことはわかります。わかりますけれども。雇い入れた建築士を最大限利用して無駄なく建築を実行し、3アクションポイントを浪費することなく最短手番で規定の勝利点に達するソリッドなマネジメントの楽しみを提供するゲームなのでしょう。しかし、、カードの要素が見にく過ぎる!!!カードそれぞれに配置された要素4つがそれぞれ数段階の強度を持っています。現実問題として、これらが複数のプレイヤーに建築士/建物合わせて10枚程度行き渡ったら把握する事なんて早々簡単にはできません。ゆっくりじっくり観察すれば最善の一手を選べない事もないですけれど、手軽さもウリにしているこのゲームにとっては致命的な欠陥じゃないでしょうか。また、場に提供されているカードが豊富なので、他人に取られてもあんまり気になりません。情報取り扱いの難易度と相まって、これはもはやソロプレイでもなんら支障はないでしょう。気になる人は、毎手番前にサイコロを振って、出た目に対応する位置にあるカードを捨てるバリアントを適用すると良いでしょう。この時、事前にマニュアルに「7手番で達成!:ブリリアント!ジーニアス!」「8手番で達成!:通知表に5が多くなかった?」〜中略〜「12手番で達成!:顔も悪いのに頭も悪いんだね!」などと自分内ソロクライテリアを設定してマジックで殴り書きしておきましょう。そもそも、カードを正置しないと情報が読み取りづらくてかないません。ヘテロでもホモでも、同じ側に仲良く座って仲良く遊べる人にはいいですが、対面ではカードを横に向けるしかないです。いや、わかりますよ。でも残念。添付されてる和訳は11手番で達成レベル(もう少し頑張りましょう)!

★★★★★☆☆☆☆☆ 5



ユーフォリア

君に伝えたいこと、それは
公共事業が如何に大切かということ

 クラウドファンディングサイトKick starter発のダイスプレイスメントゲーム。ここで出資者を募るゲームは概してボンヤリしていてかつアメゲー成分が強く、合わないことが多いのですけど、たまに出資が爆発してオマケが大量につく"当たり"ゲームが出るのでついチェックしちゃいます。このゲームも多くの出資金を集め、大当たりとなったゲームの1つです。

Euphoria.jpgEuphoria.jpg

ゲームではディストピア(暗黒郷)で名声を成すため、洗脳したワーカー(ダイス)を配置してリソースを集め、そのリソースで建物を建設して自分の功績を表す★マーカーをボード上に配置して行きます。最終的に各自10個保有している★マーカーを置ききれば勝利です。

PB169575.jpgPB169575.jpg

ボードは実に美麗で、駒も1つ1つが丁寧に作られています。このボード上の各地にあるワーカー配置スペースにダイスを配置し、資源を産出や建物の建設を行って行きます。ボード上には4つの街が描かれており、それぞれの街によって産出する資源が異なります。資源には低価値のものと高価値のものがあり、低価値のものを集めてからそれをマネージメントして高価値のものに換え、最終的に建物の建設をするという感じ。

PB169576.jpgPB169576.jpg

各自にはゲーム開始当初に各勢力に属する人物カードが配られており、それらの特殊能力によってプレイの制限を解除したり、アクションの強化ができたりします。ゲーム中盤になると2人目が利用可能になったり、3人目のカードが登場したりします。


PB169582.jpgPB169582.jpg

カスタムダイスの出来は素晴らしく、ヤッターマンのマスコットキャラみたいです(オモッチャマ?)。手番ではこれを1つ配置してアクションを実行するか、好きな数だけボード上から回収するかを選択します。ダイスは手元に戻ってきた時にすぐさま振り直すことが義務づけられていますが、これが実はワーカーの知識を表しています。この合計値がある一定を超えるとワーカーが自分の境遇に気づき、手元から去ってしまうというルールとストーリーの紐付けは秀逸です。

ゲーム中、あるスペースにダイスを置ける数は限られている場合もあるのですが、所謂ワーカープレイスメントゲームのようにそこに置かれたダイスがそのスペースを占有するわけではありません。もしも次のダイスがそこに置かれる場合には、以前から置かれていたダイスは弾き出されて持ち主に帰ります。つまり、回収の手間が省けるので弾き出されたプレイヤーも嬉しく、win-winの関係ってやつになります。従って、ゲーム中の雰囲気はかなりヌルいです。置かれているダイス出目の合計値が得られるリソースの数に関連したりするスペースもあるので、盤上のダイス位置はある程度重要ですが、あまり気にしなくて良い感じでした。この辺りはファミリー層向けの味付けですかね。

PB169585.jpgPB169585.jpg

さて、このゲームで勝つために最も重要だと思われる建物の建設。建物の建設を行うと勝利条件である★マーカーを配置することができます。各建物は、対応するスペースに高価値のリソースを支払ってワーカーを置いて行くことにより建設が進み、置かれたワーカーがプレイヤー人数マイナス1個分となったところで建設完了となります(もしも全員がやろうとした場合には1人あぶれる仕様)。建設に参加しなかったプレイヤーは★を置けないばかりか、それぞれの建物によるマイナス修整を受けるハメになります。これを回避するにはお布施を支払って★を後置きしなければならなくて大変。従って、この建設という行為がゲームの中心になります。

★マーカーは建物以外の場所にも置けますが、自分が貢献していない建物に置くのと各街に用意された★スペースに置くのとではコストに差がないので、基本的には建物から制覇して行くことになるでしょう。こうして建物を中心としたスペースに★を配置していき、先に★を置ききったプレイヤーが勝者となります。

総評


総評としては、作者に愛があり手抜き無くゲームを作ってることは認めるところだけどゲームとしては…って感じです(もちろん個人の感想)。通常ワーカープレイスメントゲームでは人気のアクションに凌ぎを削り、手番順のアヤで天を仰ぐというのが醍醐味な訳ですが、このゲームでは基本的にワーカーの配置はヌルヌルです。ギスギスしない、ハッピーに楽しめるという利点が別にあるかもしれませんがその部分は僕には面白みを与えてくれませんでした。

このヌルさのため、ほぼ自由に資源が手に入って行くので、多少の運が左右することもありますが、みんな大体建物の建設にワーカーを送り込むことが出来ます。このゲームでは前述の通り、建物の建設が重要なアクションです。公共事業に協力しないと人生に勝てませんよという国家権力の洗脳教材かと思う程に(しかも、結構任意の建物を狙えちゃうんです)。すると、どの建物の建設を優先するのか…、途端にポリティクス(政治力)のゲームになっちゃうんですね。さっきやられたからやり返すとか、アイツは勝ってそうだから今回はこっちにしておこうとか。自分はそういう要素があまり好きではないのでこの部分が大きくマイナス。この公共事業はプレイ人数が増える程に談合しずらくなることが予測されるので、遊ぶときは出来るだけ沢山の人数が良さそうです。

ただ、システムのまとまりやストーリーによる意味付けは素晴らしく、そんな中に散りばめられたゾロ目のドキドキ感なんかは中々に楽しく良いアイデアだと思います。カードの絵柄や駒、キックスターターサイトでの真摯な対応などサービス精神旺盛であることも非常に心地よいです。

通常版がどのような見た目なのか知りませんが、ダイスは通常のカラーダイスになり、★マーカーはチップになってしまうようです。このゲームを遊ぶならこの膨大で豪華な駒のラグジュアリー感が必須だと思うので出来れば入手はキック版をお勧めします。コレクターズアイテムとしては◎。公共事業は大…(略

このゲームは有志の和訳で遊ばせてもらいました、サンクス・ア・ロット!

★★★★★★☆☆☆☆ 6